フリーランスのSESエンジニアを目指して会社を辞める

SESエンジニア研究室
top middle bottom

メニュー

SESエンジニア研究室
SESエンジニアってどうなの?
SESで働くメリットとは? SESで働くメリットとは?

会社を上手く辞めるコツは?

会社を上手く辞めるコツは?

コツを押さえれば大丈夫!辞めるなら「早く」「キッパリ」伝えよう!

すんなり辞めるコツ

フリーランスになりたいけど、上手く辞める自信がなくて最初の一歩が踏み出せないという人は多くいます。そこでぜひ知っていただきたいのが、「会社を上手く辞めるのに役立つコツ」です。

伝えるタイミングはできるだけ早めに

辞める意思が固まったら、なるべく早く会社の担当者に伝えてください。伝えるのが遅くなると退職がさらに先へと伸びてしまうかもしれません。ギリギリまで結論を引っ張らず、辞めると決めたらすぐに報告するのが基本中の基本だということを覚えておいてくださいね。辞める意思を早く伝えておけば、会社側も人員が減る前に手を打つことができます。担当者への伝え方は自由ですが、電話だけだと話をはぐらかされたときに困るので、メールでも同じ内容を残しておくのがベストです。担当者から了承メールがもらえるような文面にしておくと、お互いの意思を見える形で残すことができますよ。本来ならあってはならないことなんですが、担当者が勝手に契約を更新してしまうケースもあります。もし言葉巧みに押し切ろうとするなら、そのような担当者がいる会社から離れたほうがむしろ今後のためにもいいでしょう。

慰留にはキッパリとした態度で断ることが大事

辞める意思を伝えるときに気をつけたいのが、担当者からの説得によって心が揺らぐことです。辞めるのをなんとか阻止すべく、いろんなことを担当者がいってくるかもしれません。ですが、「辞める」という強い意志を持って対応することが大切です。本人が望めばその通りになることを忘れないでください。これ以上押しても無理だなと相手が思ってくれれば、案外すんなりと辞められたりしますよ。そのためにはキッパリとした態度がなにより大切なんです。

場合によっては転職活動中であることを先に伝える

辞めたいと思ったらできるだけ早く転職活動を開始しましょう。辞めることを伝えるのは先のことが決まってからでも構いませんが、引き止められてしまうなどなかなか辞められそうにない状況なら、意思を伝えるのと同時に転職活動を進めていることも伝えましょう。引きさがってくれるはずです。ただし、会社側がすんなり受け入れてくれているなら強気な態度に出ても失礼なだけなので注意しましょう。

最後の手段は退職代行サービス

すんなり辞めさせないように会社側が妨害や嫌がらせをしてきた場合は、自分で解決しようとせず退職代行サービスを頼みましょう。まともでないやり方に誠実に対応しても、心身と時間を消耗するだけです。あまりにも悪質なら法律のプロの手も必要になるかもしれないので、困ったらひとりで悩まず専門家に相談してくださいね。

ピックアップ記事

もっと詳しく知りたい人へ

トップに戻る