SESエンジニア研究室
SESエンジニアってどうなの?
SIerとSESの違い SIerとSESの違い

実践経験の積み方

実践経験の積み方

SESエンジニアがテンポ良く実務経験を積む方法とは

目的意識を忘れない

SESエンジニアとして働きながらスキルアップするためには、目的意識を持つことがとても大切なんです。実務経験がまだそれほど多くないと指示に従うだけで精一杯だし、慣れない仕事に追われる日々が続くと本当にスキルアップできるのか不安にもなるでしょう。そんな時は、すべてのことがスキルアップにつながると信じて努力を続けましょう。仕事に慣れてくれば、もっと全体のことが見えてくるようになります。全体が見えてくれば、なぜその業務を指示されているのか、その作業が全体の流れにどう関係あるのかなど、自分の果たすべき役割がはっきりとわかるようになりますよ。指示待ちだけのエンジニアにならず、許される範囲で主体的に動くようにしましょう。そんな働き方を繰り返していくうちに、エンジニアとしての市場価値が上がっていきます。

開発の実務経験は最低でも1年

実務経験として評価してもらえる年数は最低でも1年です。開発業務に関わることができるなら、1年はその場にとどまって経験を積んでください。まだまだ学びたいことがあるなら別ですが、1年の実務経験があればステップアップの土台としては十分です。次のステップへと進んだら、その経験を土台にしてさらにステップアップしていきましょう。

実務経験とは「開発」の実務経験のこと

テストやドキュメント作成はエンジニアの実務経験としてカウントされない実務経験なので注意しましょう。もしテストやドキュメント作成の業務ばかりの職場なら、できるだけ早いうちに開発業務の現場に入ってください。スキルが不足しているなら開発現場で通用するレベルにまで達するよう努力しなければなりません。日々の業務の中でスキルアップできそうなものがあれば、その機会をぜひ有効活用しましょう。コツコツ努力している様子やスキルアップの兆候が周囲に認識されるようになれば、開発メンバー入りのチャンスがやってきますよ。いくら頑張っても開発メンバー入りできない職場であることがわかっているなら、開発業務に携わることができる現場に変えてもらえるよう打診することをおすすめします。

1つの現場に固執しない

同じ職場で1年以上の実務経験を積んだら、ステップアップを考える時です。ただし、その場にとどまって学びたいことがあるなら、無理してステージを変える必要はありません。そのあたりの加減も含めて、日頃から自分でよく考えてタイミングを見計らうことが大切なんです。せっかくいろんな職場を経験できる立場にあるのですから、ひとつの現場にこだわらずどんどん移動してみましょう。そうすれば、スキルと経験をどんどん膨らませながらステップアップしていくことができるはずですよ。

ピックアップ記事

もっと詳しく知りたい人へ

トップに戻る